スッキリ出せる排便ポーズがある?

kon 248x300 スッキリ出せる排便ポーズがある?

うまく便が出せなくて便秘だという人は、食事や生活習慣の見直しのほかにもう一つ、『姿勢』についても考えてみる必要があります。

排便の時、あなたはどんな姿勢をとっていますか?

洋式トイレの意外な落とし穴

食事だけでなく、今は生活そのものがどんどん欧米化していますが、それはトイレにも言えます。

以前はどこへ行っても和式トイレが主流でしたが、今では洋式トイレが普及し、一般家庭でも洋式トイレを採用することが多くなりました。

洋式トイレは腰掛けたまま排便できるので、お年寄りや妊婦の方は足に負担がかからず、痔の患者さんも肛門に負担をかけない楽な姿勢をとれる大きなメリットがあります。

ですがその洋式トイレ、ちょっとした落とし穴があるのです。

それは、普通に椅子に腰掛けるように便座に深く座り、背筋を伸ばしたまま排便しようとしてしまいがちなこと。

私たちの体の中で、肛門から直腸までは直線コースではなく、間に直腸肛門角(ちょくちょうこうもんかく)と呼ばれる曲がり角があります。

この直腸肛門角は、頭からおしりまでが真っ直ぐな状態ではほぼ90度の直角をしており、そのおかげで普段立っている時や寝ている時に、肛門がきちんと閉じて便がもれてこないのです。

それゆえ、排便する時には直腸肛門角をゆるめる必要があるのですが、洋式トイレに背筋を伸ばして座った状態では、ゆるんでくれません。

洋式トイレでスムーズに排便するには、ちょっとした工夫が必要なのです。

トイレに入ったら『考える人』になろう!

しゃがんで使う和式トイレは、しゃがむことで直腸肛門角が開き、肛門の力が抜けて、自然と腹筋を使って排便できる利点があります。

洋式トイレでの上で同じようにしゃがむことはできませんが、洋式トイレで排便する時は、便座に座る時の姿勢を意識してみて下さい。

やり方はとてもカンタンです。真っ直ぐにしていた背中を前かがみにし、つま先だけを床について、ひざを胸に引き寄せるような気持ちでかかとを上げます。

ロダンの『考える人』という有名な彫刻がありますが、あの姿勢のイメージです。

前かがみになることで直腸肛門角が開き、肛門に無理な力が入らなくなります。

この姿勢のまま無理やり肛門に力を入れるのは逆効果なので、力を入れる時は肛門ではなく、腹筋を使うことを意識して下さい。

前かがみのまま、わき腹に両手をあて、軽く力を入れて深呼吸をしましょう。

なかなか便意がやってこない!という時は、鼻と口にティッシュを軽くあてて深呼吸をしてみると、便意をもよおすことがあるので試してみて下さい。

むやみにいきむと便秘を悪化させる?

便秘になってしまうと『とにかく出さなければ』と思い込み、一度トイレに入ると何分もねばってしまう人は多いです。

ですが、あまり長くトイレに座っていきみ続けると、逆に便秘を悪化させてしまいかねません。
本来なら便は余計な力をいれなくてもするりと出てくるものなのです。

ですが頻繁にいきむ人は、いきむことがくせになってしまって、直腸肛門角を支える骨盤底筋(こつばんていきん)に無意識に力を入れてしまい、いきむほどに肛門が閉じてしまうアニスムスとなることがあるのです。

アニスムスは直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)、いわゆるスーパー便秘の原因の一つです。

便は直腸までおりてきてるのに、がんばっていきんでも出てこない……そんな人はもしかしたらアニスムスかもしれません。

スムーズに排便するためには、力を入れていきむことより、まずは楽な姿勢でリラックスすることです。

便が出ない、便意がないのに何分もトイレにこもることはせず、三分程度やってみてダメだったらまた次に、くらいの気持ちでいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加